ポモドーロテクニック

集中力が続かないという悩みを抱えている方は多いでしょう。

 

そこでおすすめなのが、ポモドーロテクニック

 

集中!!!

 

その日にやる勉強の予定を立てて、25分で鳴るタイマーを設定してからとりかかります。

 

25分間はとにかく目の前のそのタスクだけに集中します。

 

25分たつとタイマーが鳴るので、休憩をとります。このセットを4回繰り返したら、それまでよりも長く15分の休憩をとります。

 

こうすることで、集中がより長く続くというものです。勉強法の本などいろんなところで紹介されている、信頼性の高い方法です。

 

休憩中はリラックス

 

メリットとして、「この科目を5ポモドーロ(125分)今日はやる」といった配分を立てやすいことがあげられます。

 

これは、アクチュアリー試験のように科目数の多い試験で効果を発揮する方法ですよね。たとえば2科目受験であれば、「今日は数学を2ポモドーロ、生保を3ポモドーロやる」と決めると、明確に時間配分ができます。

 

さ25分ごとに達成度合いがきちんと把握できるので「1日勉強したはずが何もやりきっていない」ということになりにきくくなります。独学が多くなる試験だからこそ、こういった短期のフィードバックシステムを勉強法に組み込むことで着実に勉強を進めることができます。

 

「25分やったら5分休憩」「その日に科目ごとにこなすセット数を決める」

 

これだけで、勉強をより正確に管理すると同時に集中しやすくすることができるのです。ぜひお試しあれ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です